あべのハルカス 日本一高いビルに行った チケット購入16Fへ

2015年7月5日

あべのハルカス 日本一高いビルに行った チケット購入16Fへ

「ハルカス 3Dマッピングに連れて行って」40代女性リクエストで予告?していたように、日本一高いビル(2015年6月現在)、あべのハルカス(ABENO HARUKAS)ハルカス 300展望台に行ってきた。

珍しく平日(月曜)仕事休みだったので、『ハルカス行くのはこの日しかない!』ということで梅雨時で天気がどうか心配したが、日頃の行いがいいのか、3連休だったのだがハルカス行った日だけ快晴、なかなか「モッてる」私だと思った。

ということで、あべのハルカス到着、当日券(1日券)購入からシャトルエレベーター、16Fチケットカウンター、ハルカス300展望台エレベーターまでの道程です。

あべのハルカス 日本一高いビル

あべのハルカス前
大阪のJR天王寺駅に颯爽と降り立った『ギリギリ40代女性と50代男性も板についてきたアラフィーばカップル』、あびこ筋方面、天王寺MIO側の出口(南口)に向かうと“どーん”「ABENO HARUKAS」


JR天王寺駅南口には、あべのハルカス2階入り口に連絡する、あびこ筋と30号線との交差点の上に白い多方面に下りれる歩道橋があるのだが、そちらにはいかずにMIO横の1階出口で、恒例の「文句の応酬・ジャブの出し合い記念写真撮影」


けん
けん
「なんでハルカスに来てるのにハルカスの看板をメインに撮れへんの?」
ひさ
ひさ
「だってけんちゃんの全身いれたいねんもん」
けん
けん
「う~ん・・・」
ひさ
ひさ
「なんで撮るときに撮るって言ってくれへんの?」
けん
けん
「う~ん・・・」
いつものようにジャブの応酬でハルカス記念写真撮影が進むのでありました。

HARUKAS前ばカップル
私の得意技『自撮り棒を使わずにじどりカメラを使わずにスマホのメインカメラで自撮』の技で撮影、先ほどのジャブの応酬がうそのように笑顔でパチリ、うまくハルカスの看板も入っている。だって小さいから頭の上の空間が空いていて撮りやすいんだもん。

ちなみに、自撮り棒が禁止になっている観光地、アミューズメントパークがちらほら出てきているようですね。場所、使い方によっては危ないですし、迷惑になりますからね。

注意して使おう! 自撮り棒

※ 価格は変動しますので必ずリンク先ページでご確認ください
折りたたみ式 自撮り棒 手元シャッター付 Android iPhone スマホの設定不要 かんたん撮影スティック 伸縮式 スマホ一脚 インスタ 写真 ◇ 自撮り棒PT折りたたみ式 自撮り棒 手元シャッター付 Android iPhone スマホの設定不要 かんたん撮影スティック 伸縮式 スマホ一脚 インスタ 写真 ◇ 自撮り棒PT
ケーブルを接続するだけで手元でシャッター撮影! 手のひらサイズ&軽量設計のシャッター付きコンパクト自撮り棒 ■ケーブルを接続するだけで手元でシャッター撮影!   iPhoneやスマホのイヤホンジャックにケー...
価格: 199 円  販売ショップ: i-shop7

スマホ 三脚 スマホホルダー 自撮り棒 スマホ三脚 スマホ用カメラスタンド アタッチメント セルカ棒 iPhone Android対応 リモコン付きスマホ 三脚 スマホホルダー 自撮り棒 スマホ三脚 スマホ用カメラスタンド アタッチメント セルカ棒 iPhone Android対応 リモコン付き
■商品名■ スマートフォン用カメラスタンドリモコン付き ■商品説明■ ・リモコンで簡単&離れていても撮影 スマホ用自撮り三脚スタンド 自撮りだけでなくinstagramやTikTokの動画配信や集合写真の撮影にもおすすめ...
価格: 1890 円  販売ショップ: WONDER LABO

自撮り棒 Bluetooth ワイヤレス セルカ棒 三脚付き 360度回転 三脚一体型 スマホ自撮り棒 伸縮 リモコン付 送料無料自撮り棒 Bluetooth ワイヤレス セルカ棒 三脚付き 360度回転 三脚一体型 スマホ自撮り棒 伸縮 リモコン付 送料無料
[商品名]三脚付き セルカ棒 [操作方法]1.付属のリモコンを3秒ほど長押して、ライトが青色に点滅したらペアリングが始まります。 2.スマホ側でBluetoothの設定を行い、デバイス「ZPR Shutter」または、「XIONG TU...
価格: 1380 円  販売ショップ: meetsストア

あべのハルカス
あびこ筋側の真下からあべのハルカスを撮影、こちら側からはハルカスの最上階は見えにくい。あまりの高さを見上げたため首筋から肩がダルくなったが、けっして50肩ではない。

あべのハルカス30号線側から
30号線側、路面電車が走る側の真下からあべのハルカスを撮影、『これからあの一番上、地上300mに階段で上るのだ!』と決意を新たにするふたりであった。

あべのハルカス 2階で1DAYチケット購入から16Fへ

あべのハルカス 日本一高いビル チケット購入から16Fへ

「ハルカス 3Dマッピングに連れて行って」40代女性リクエストでも言っているように、「ハルカス行くからには昼、夕方、夜と展望台からの景色を見たい!」ということでハルカス300 1dayチケットを購入、1日券の料金は大人(18歳以上)1,950円(税込)、ひとり小学生(6歳~11歳)料金の950円にならないかと一瞬思ったが、なりそうでもないので言うのやめた。

ハルカス300 1dayチケット

ハルカス300 1dayチケット

  • 同日中の間、同一の客に限り何回でもハルカス300展望台に入場できる
  • 1dayチケットは2階チケットカウンターで発売
  • 1dayチケットの前売りはない(当日発売のみ)
  • 前売り入場券(日時指定券)から1dayチケットへ差額追加すれば変更できる(変更は16階チケットカウンター)
  • 特別営業日や混雑日には1dayチケットの発売を中止する場合がある
  • 1dayチケットでも当日券と同様に混雑時入場制限されることがある

特別営業日や混雑日には1dayチケットの発売を中止する場合があるということで、「ハルカス行くなら平日」と思っていたわけですなあ。

JR天王寺駅南口、天王寺MIO横出口のあびこ筋と30号線の交差点にかかる白い歩道橋を昇る(あびこ筋を渡る)とあべのハルカス2階入口に連絡しており、入り口に向かって左側に行くとハルカス300 2階チケットカウンターがある。

通路には「展望台2階チケットカウンター」と水色の順路表示があり、ハルカス2階入り口などに案内係の人がいるので迷うことはないと思うが、当日券(1dayチケットを含む)は、2階チケットカウンターでしか販売していない

ハルカス300 2階チケットカウンターの前に「当日券購入最後尾」なんて立て看板があるけれど、さすがに平日の昼間で並んでいる人はいなくてチケットカウンターに即到着、カウンターに行ってすぐに「当日券大人1,500円・・・」ときりだしてくるので、「いやあの・・・1dayチケットプリーズ」と発音よく、滑舌悪く答える。

1dayチケットを購入すると「アレルギーはございませんか?」と聞かれた上で、右手の甲にある光を当てると浮かび上がる特殊な塗料の透明なスタンプを押され、『ハルカス300 1DAYチケット』と、日付と発券時刻が印字された『展望台入場券』1dayチケットで再入場する際の注意書きがホッチキスで留めてあるチケットを渡される。

カップルということでピンクブルーの色違いのチケットを渡すあたり、さりげなくお洒落でやるではないか!ハルカス300、KINTETSU、アラフィフばカップルには似合わないけど。

ハルカス300展望台16階チケットカウンターへ

チケット購入後、2階チケットカウンターへの順路を逆方向に戻り、あべのハルカス2階入り口の前を通り、あべのハルカス2階入口に向かって右手にあるハルカス300展望台16階チケットカウンターへのシャトルエレベーターに乗る。

シャトルエレベーターは眺めもよく、高速ですぐに16Fに到着、16階の床にもハルカス300の順路案内の水色のラインがあって迷うことはなく、ハルカス300展望台16階チケットカウンター、ハルカス300入場ゲートへいける。

あべのハルカス16階には、ハルカス300展望台16Fチケットカウンター、展望台入場ゲート、エレベーターのほかに、あべのハルカス美術館や、あべのハルカスダイニングというグルメレストラン街(23時くらいまで営業12F13F14F)へのエレベーターがある。ハルカス展望台で夜景を見た後食事はどう?という魂胆かな・・・

あべのハルカス16階

あべのハルカス2階からシャトルエレベーターで16階まで昇り、水色のラインに沿っていくとハルカス300展望台16Fチケットカウンター、入場ゲート、60階天上回廊への展望台エレベーターがある。

入場ゲート前に「A」「B」があって、1dayチケットで1回目の入場の際は「A」に、再入場の際は「B」に行くように2階チケットカウンターで言われた。

1dayチケットで再入場の際は、2階チケットカウンターに行かないで直接ハルカス300展望台16階チケットカウンターにいって、ハルカス300 1dayチケットを提示、右手甲の特殊塗料のスタンプに光を当てて確認された上で再入場用の展望台入場券が発券されるという仕組みになっている。

1dayチケットで再入場する度に再入場用の展望台入場券がホッチキスで留められて重なっていく、ちなみに私たちは再入場1回だったので、ハルカス300 1dayチケットの上に2枚の展望台入場券が重なっていて、1回目の展望台入場券の発券時刻は12:09で、2回目(再入場)の展望台入場券の発券時刻は17:55となっている。

展望台入場ゲートは、展望台入場券にあるQRコードを読み取らせるようになっていて、入場ゲートを通って先に進むと、60階天上回廊(地上288m)まで45秒の展望台エレベーターの待合場所になる。

16階でもこの景色(上の写真は東の方角になるかな)、隣の高層マンションは別にして周りに高いビルはなく、60F地上288mになったらどんな景色なのかワクワク・ドキドキだった。

つづく

アクセス数: 8