利尻昆布ヘアカラー トリートメントとシャンプー 白髪染め ヘアマニキュア

2015年5月11日

利尻昆布ヘアカラー トリートメントとシャンプー 白髪染め ヘアマニキュア

50代にもなると全身白髪だらけで当たり前で、40代後半くらいからは自然のままに、なすがままに白髪を放置していましたが、ふとした切欠で白髪染めをしたいかなと思い、利尻昆布ヘアカラー トリートメントとシャンプーを使ってみた。散髪屋でする白髪染めのように完全に染めるのではなく、白髪を目立たなくする感じで自然でいいように思える。

自然に染まる利尻昆布ヘアカラー

利尻昆布ヘアカラー トリートメントとシャンプー
40代前半のころまでは、職業柄ヘアスタイルは自由だったので茶髪ロンゲで、散髪屋に行くときに白髪染めタイプの明るい目のヘアカラーをしておりました。

40代後半より51歳なったころまでは、なすがままの白髪ヘアで結構白髪が目立っておりましたが、何かをきっかけに白髪を染めるかと、この利尻昆布ヘアカラー トリートメントとシャンプーを一度試してみました。

利尻昆布ヘアカラー トリートメント

利尻昆布ヘアカラー トリートメント
利尻昆布ヘアカラー トリートメントは、散髪屋でする1液2液とかいう薬剤で染める白髪染めではなくて、何回か使っていくうちに序所に白髪を目立ちにくくするヘアマニキュアタイプの白髪染め、カラーはブラック、ブラウン、ライトブラウンがあり、私はブラックを使ってました。

50代という年齢的に考えて、全く白髪がない真っ黒黒々ていうのもおかしいし、白髪が目立ちにくくする方が自然でいいのではないかと思います。完全に染めてしまうと、髪の毛が伸びてきたときに髪の根元が白髪でかえって何か変ていうことにもなりますしね。

利尻昆布ヘアカラー トリートメント使い方

  1. 普段どおりシャンプーして髪をよく乾かす。シャンプーはノンシリコンタイプが良いようです。
  2. 利尻昆布トリートメントを手を濡らしてから手の平にとる。男性普通の長さのヘアスタイルでゴルフボール1個分くらいの量。
  3. 髪の根元から毛先に向かってムラなくトリートメントを塗っていく。襟足、もみあげなど白髪の目立ちやすいところも忘れずに、分け目・髪の流れる方向を小まめにわけて髪の根元から塗布していく。
  4. 塗り終わったら、利尻昆布トリートメントを初回使用、使い始めは10分から15分程度放置、数回使用は5分から10分放置。ラップとかで頭をグルグル巻きにして放置するのが効果的
  5. 時間がたったら洗い流す。茶色のすすぎ水が出なくなるまで洗い流がし、タオルでごしごし拭かないで髪を軽く押さえるくらいで水分を取り、あとはドライヤーで乾かす
  6. 利尻昆布ヘアカラー トリートメントの使用頻度は、使い始めで3日に1度くらい、数回使用で1~2週間で1度程度、最初のうちは短い周期でトリートメントした方がよいかも

私は利尻昆布トリートメントをこのように使っていて、イメージどおりに白髪が目立たなくなりました。相方のひさの感想も「白髪ないやん」だったと思います。

販売ページのレビューでは、「染まらない」などのレビューを多くみますが、髪質とか使用方法とかも関係するでしょうが、その方の白髪染めの目標・イメージで違ってくるのではないでしょうか。

散髪屋でする白髪染めのように完全に染めることを白髪染めの目標にしている方・イメージしている方には利尻昆布ヘアカラー トリートメントは不向きだと思います。手軽に、自宅で白髪を目立たなくしたいと考えてる方には利尻昆布ヘアカラー トリートメントはおすすめかもしれません。

また、利尻昆布ヘアカラー トリートメントは白髪染めの面だけに目がいきますが、昆布成分で髪にコシが出たり、サラサラになったりと髪にいいかもしれません。この辺りは個人の感じ方なので、全ての人に当てはまるとは言い切れませんが。

説明に書いている「手を水に濡らしてから使えば手が黒くならない」という点ですが、水に濡らしてからトリートメントを塗っても黒くなります。特に爪の周りや指先は必ず黒くなり、洗ってもなかなか落ちません。

多分ですが、爪の周りや指先などは乾燥していたり角質化してたりする場合が多く、水に濡らしても乾燥している状態なのでトリートメントが浸透しやすいからではないかと、素直にビニール手袋をして利尻昆布ヘアカラー トリートメント使用をおすすめしますね。

白髪用利尻カラーシャンプー

白髪用利尻カラーシャンプー
利尻昆布ヘアカラー トリートメントとあわせて、利尻カラーシャンプーを使っていました。カラーはブラック、ブラウン、ライトブラウンがあり、私はブラックを使ってました。

使い方は簡単で普段のシャンプーの代わりに利尻カラーシャンプーを使うだけ、使っていくうちに序所に白髪が目立ちにくく染まっていきます。シャンプーも正直手が少し黒くなりますが、トリートメントほどではなくて、洗えば比較的すぐに取れます。白髪染め成分がマイルドなのかもしれませんね。

染まり具合はトリートメントよりゆっくりなようで、トリートメントの持ちをよくすると考えた方がいいかもしれません。ただ、このシャンプーも髪がサラサラにつやが出たように思えました。利尻昆布成分が効いてるのかな・・・毎日使うとなれば値段的にきついかも・・・

現在、利尻昆布ヘアカラー トリートメントとシャンプーは使ってませんが(散髪屋で白髪染めしてますカラーは・・・詳細はまた)、自宅でいつでも比較的手軽に白髪を目立ちにくくしたい方にはおすすめかもしれませんね。

ただし、値段的に考えると結構負担が大きいかもしれませんね。仮にトリートメントが2週間程度もつとして、シャンプーも併用してると、私の行ってる散髪屋はカット(かおぞり込み)とヘアカラー(白髪染め)とで1回6,000円ですから散髪屋の方がいいかもしれませんね。

ちなみに散髪屋で言われたのですが、ヘアマニキュアタイプの白髪染めをしていると、散髪屋で白髪染めタイプのヘアカラーをしても狙ったカラーが出ないことがあるそうです。

アクセス数: 18